ハクビシンの駆除|自分たちで行なうと危険|蜂の駆除は専門家へ
メンズ

自分たちで行なうと危険|蜂の駆除は専門家へ

ハクビシンの駆除

はくびしん

捕獲する際は許可が必要

ハクビシンの被害件数は増加傾向にあるといわれていますが、ハクビシン駆除を行う際に捕獲という手段を選択した場合は自治体の許可が必要になります。ハクビシンは鳥獣保護法が適応されているので、許可なく捕獲してはいけない動物です。被害と呼べる被害がハクビシンによって実際に起きている場合は、その状況を自治体に伝えることで許可を得ることができます。自治体によって対応の仕方が異なるので、駆除の前に自治体に相談しに行く又はお問い合わせをすると良いです。ハクビシン駆除を業者に依頼する時には、許可をちゃんと得ているかを確認します。忌避剤などで追い出す駆除方法を選択した場合は、許可不要です。ただし、殺傷したらいけないので追い出しながらもハクビシンに害を与えないよう要注意です。

害獣被害は早めに対処する

ハクビシンが起こす害獣被害は食害・不衛生・家畜被害・ゴミを荒らすなどが多く、食害では農作物が狙われます。甘い果実を好むため家畜やペットといった動物が食害にあうことはないのですが、傷付けられるなどの被害にあうことはあります。家畜やペットをハクビシンと接触させないように、家畜小屋の見直しなどを行うと良いです。また、感染症の危険性もあるため接触させない工夫は必須です。屋根裏などに住みついた場合は、糞尿による被害が起こります。住みつき期間が長期になったり夏場で気温が上がると、不衛生な環境にダニやノミが発生するのでより感染症のリスクがあがります。ハクビシンが屋根裏にいると足音がするので、何かいると思ったら早めに対策をすると良いです。ハクビシン駆除は自分でも行えますが、徹底的に駆除したい場合はハクビシン駆除専門の業者に依頼すると良いです。追い出す又は侵入対策なら、ホームセンターで販売されているネットや忌避剤などを活用して行えます。